ガチパラ!

記事一覧(12)

ガチパラ!Vol.2 in 伊達 終了いたしました

ガチパラ!Vol.2in 伊達が12月10日に終了いたしました。9月の岩見沢開催に次いで2回目となったガチパラ!にご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。岩見沢市のVol.1同様「北海道のパラスポーツを盛り上げたい」「自分たちで出来ることを発信したい」「次世代の環境作りをしたい」「パラスポーツの応援文化を定着させたい」というガチパラ!のテーマを踏襲しつつも、「ただ1回やるだけでなく、伊達市に残していけるもの」を考えながらパラスポーツの試合&体験会を開催させていただきました。その結果、伊達市在住で「伊達でシッティングバレーを広めたい」と活動していた風間選手と出会い、ガチパラ!のプログラムにシッティングバレーを組み込むことで多くの伊達市民の皆様にシッティングバレーを体験していただくことができ、この競技を伊達に定着させるきっかけを作れたことは我々にとって大変意義のある試みとなりました。ガチパラ!はこれからも「する」「観る」「支える」、色々な形で皆様のご参加をお待ちしております。また、ガチパラ!Vol.2in 伊達に後援・協賛いただいた団体・企業様にもこの場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。次回、Vol.3でお会いしましょう!!

ガチパラ!Vol.1 in 岩見沢 終了いたしました

パラスポーツの魅力を伝え、観戦文化の定着を目指した「ガチパラ!Vol.1」は、日本のパラスポーツを牽引するひとりとして世界で活躍するウィルチェアーラグビー日本代表の池崎大輔選手(三菱商事、北海道Big Dippers)が実行委員長となり開催いたしました。『ガチ!の真剣勝負』をテーマにウィルチェアーラグビーと車いすテニスの試合を行い、その迫力やスピード感溢れるプレーで訪れた観客を魅了しました。会場に足を運んでいただいた北海道内の障がい者スポーツ関係者からは「他の障がい者スポーツ体験会とは違い、試合も見やすく、新しい試みとしては成功だと思う」という言葉も聞かれ、一定の評価をいただくことができました。会場では試合の他、アンプティサッカー、ブラインドサッカー、ゴールボール、ボッチャなどのパラスポーツ体験会を開催し、参加者にはそれぞれの競技の魅力を体感していただきました。選手のトークショーや豪華賞品が当たるお楽しみ抽選会など、イベントは終始パラスポーツ選手と一般の参加者が分け隔てなく笑顔で交流し、相互理解を深める機会になりました。パラスポーツを「する」「観る」「支える」など様々なかかわり方ができる「ガチパラ!」は、パラスポーツ普及事業として、北海道179市町村に展開することを目標とし今後も展開していきます。